Google翻訳

英語ができるわけではないので、
だいたいでも訳してくれれば有難いです!^_^;
c0023278_19423755.jpeg

60's Ginetta G12
c0023278_19430064.jpeg


The G12 utilized a mid-engine layout and was used as a competition car. At the racing debut of the G12 at Silverstone, it set a lap record. The following race at Snetterton, the G12 won its class. It was not uncommon for these small, lightweight machines to outpace the larger competitors, such as the mighty Shelby Cobras and Ford GT40s. 
c0023278_19433722.jpeg

In total, there were around 33 (with as many as 50) examples of the G12 produced during the 1960s. Production ranged from 1966 through 1968. 

c0023278_19560985.jpeg
The G12 had a multi-tubular space frame clothed in a lightweight fiberglass body weighing a mere 1200 pounds. Power was from a Lotus twin-cam 1600cc engine breathing through twin Weber carburetors. The engine was mated to a Hewland 5-speed transaxle sending the power to the rear wheels. In the front, the suspension was comprised of double wishbones with coil over shocks. The rear had double radius arms, upper transverse links, coil-over shocks, and lower wishbones. Girling disc brakes could be found on all four corners.
c0023278_19444670.jpeg


Google翻訳 

『G12はミッドエンジンレイアウトを採用し、競争車として使用されました。シルバーストーンで行われたG12のレースデビューでは、ラップ記録を打ち立てました。次のSnettertonでのレースでは、G12が同クラスを獲得しました。これらの小型、軽量のマシンは、このような強大なシェルビーコブラフォードGT40sなどのより大きな競争相手を、上回ることは珍しくありませんでした。

合計で、1960年代に生産されたG12の例は33件(50件もありました)でした。生産は1966年から1968年の間であった。
c0023278_19472821.jpeg

G12は軽量のグラスファイバーボディーに多管式のスペースフレームを装備していましたが、体重はわずか1200ポンドでした。パワーはロータスのツインカム1600ccエンジンから、ツインウェバーキャブレターで呼吸していました。エンジンは後輪に動力を送るHewland5速トランスアクスルに接続されていました。正面では、サスペンションはコイルにショックを与えたダブルウィッシュボーンから構成されていました。後部には、二重の半径の腕、上部の横方向のリンク、コイルオーバーショック、および下部ウィッシュボーンがありました。ギヤリングディスクブレーキは、4つのコーナすべてで見つけることができます』
c0023278_19485743.jpeg

トラックバックURL : https://fab4dino.exblog.jp/tb/29599346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by alfredo_t135cs | 2018-06-26 19:40 | 1968 Ginetta G12 | Trackback | Comments(0)

私の趣味とお宝自慢!そして日々の出来事


by fuji-ken